お骨の自宅保管について

お墓というのは新しく建てるだけでもかなりの費用がかかるものですが、その維持にもそれなりのお金が必要となります。昨今、「金銭的な負担を軽くするため」などの理由から、火葬を済ませたお骨を自宅で保管するケースが増えているようです。厚生労働省では「墓地、埋葬等に関する法律施行規則」というものがありますが、遺骨の自宅保管は違法行為ではありません。その点については、安心して良いのです。 お骨を自宅で保管する場合に悩むのが、その場所についてではないでしょうか。いわゆる「仏壇」があるお宅であればそこの一角に置くでしょうけれど、現代的なお宅ではそれがないという場合も多いはずです。そのような場合には、リビングや押し入れ、クローゼットなどに置く方が多いようです。お骨というのはその取り扱いによっては、カビが生えてしまうこともあります。ですので、湿気が多かったり、寒暖差が激しかったり、直射日光が当たるような場所は避けた方が賢明です。