最近の葬送の一つに粉骨散骨という方法

亡くなった人の葬送の一つとして、遺骨を粉骨して散骨するという方法があります。 有るテレビ局で埋葬のときの一つの方法として、遺骨を散骨した状態で容器(主に骨壷)に入れ、遺族たちとともに船に乗って海洋に出て、其処で遺族の一人一人が粉骨したものを指で摘んで海洋に散骨するいうのを見たことがありますけど、ナルホド、こんな埋葬方法もあるのだなあと、妙に感心したり驚いたりしたものでした。

ところで、人の遺骸や遺骨を勝手に砕いて散骨にしてしまうのは法律的には問題ないの・・?、という疑問も有るようですが、実は遺骨というのは既に亡骸では有るが、一つの物体とする見方が一般的なのです。 従って、粉骨にするのは自由であり、遺族たちが自らやってもよく、若しくは専門業者がおりますので、そちらにお願いすることも出きるのです。

粉骨にする理由は色々とあるでしょうが、粉骨と言っても目的によって砕き方が異なるようで、上記のような散骨を行うような場合は事実上粉状にしなければなりません。 一方、自宅の仏壇に保管したり、納骨堂などの小さなスペースに保管する場合は、容器によって収納できる程度に小さくするための粉骨という方法もあるのです。