墓じまいをするために粉骨をする選択も

お墓を守り続けていくことは理想ではあっても、現実的にはそれが難しいこともあります。思い切って墓じまいを検討する人も近年では増えてきており、核家族化や少子化などもその理由です。親が子供にお墓のことで負担をかけたくないといった考えや、後継ぎがいないなど、墓じまいを検討する人たちの抱える事情は様々なことなあります。遺骨は一体どうしたらよいかというのが、墓じまいをする際の悩みのひとつです。選択肢の一つが粉骨であり、パウダーの状態になるので、骨壺の大きさをコンパクトにすることができます。骨上げをして骨壺に収めると、それなりの大きさが必要です。でも粉骨をすると小さな骨壺にすることができますし、複数の骨壺をまとめることもできます。細かく粉骨をすることで、散骨ができるのもメリットです。墓じまいをするためにも良い方法ですが、粉骨をすることは日本ではあまり馴染みある方法ではありません。でもイギリスなどの場合は、遺族には火葬をして、粉末にして渡されます。