【厳重注意】ルールを守って散骨をしよう

故人を火葬したのち遺骨をお墓に埋葬するのではなく、散骨という形でお別れをするケースが近年増えています。信仰上の方法として散骨を選ぶ方もいますが、中には墓地を購入するよりも安価だからという理由で散骨をする方もいらっしゃいます。しかしこの散骨、きちんとルールを知った上で行なわなければ様々な法律に触れて処罰の対象になりかねないのです。そこで散骨をする上で最低限知っておくべき基本知識についてお伝えします。故人を安らかに送るためにも、争いごとを起こさずに散骨を行ないましょう。

根本から言えば散骨自体は処罰される行為ではありません。しかし散骨する遺骨の状態や散骨する場所などの条件がきちんと整っていることが重要です。例えば散骨する際に遺骨は微細な粉末状態にしなければなりません。仮に遺骨がある程度の原型を残していた場合、刑法190条の死体等遺棄罪に該当してしまいます。死体等遺棄罪では遺体だけでなく遺骨も処罰対象となっていますので、遺骨を墓地に埋葬しないという選択はこの法律に該当するのです。しかし現状では散骨は190条にて処罰対象とされていません。つまり粉の状態にすれば死体等遺棄罪に該当する「遺骨」の原型を留めていないため対象外である、とした考え方なのです。とは言え明確に処罰外とする法律もありませんので、散骨が合法か違法かという観点から言えば散骨はグレーゾーンと言えます。

また散骨をする場所も自由に選んで良い訳ではありません。当然ですが公共の場所での散骨は禁止されていますし、一般的な海域での散骨も規則にならう必要があります。公共の場も海域も共通しているのは、その土地や領域を所有する者が許可を出しているかどうかという観点です。例えば公共の広場は遺族の方々の土地でない限り地主が別に居ますから、土地を管理する所有者などに散骨の許可を得る必要があるのです。海も例外ではありません。海には漁業権というものがあり、これを有する権利者である漁師が漁業をしています。陸では土地の所有者に許可を貰うように、海では海域の領有権を持つ者に許可を貰わなければならないのです。海に散骨する様子をたまにテレビ等でも見かけますが、これは好き勝手に海へ遺骨を撒いているのではないという正しい理解が求められています。

このように散骨にはいくつものルールがあることを事前に確認しておきましょう。てっきり許されると思って海に散骨したものの、その海域が漁師の仕事場だったと後に分かり漁師組合と裁判事になってしまったという話も珍しくありません。故人が亡くなった後も遺骨に宿る魂が安らぎを得られるよう、残った者が法や常識に則った方法で散骨をして偲ぶことが大切です。

山への散骨か樹木葬にするか

我が家にはお墓がありますが、私はそのお墓に入るつもりはありません。まず、後継者がいないので将来は墓じまいも考えていく必要があります。それに、家族とはいろいろな確執がありましたので死後は家族とすっかり離れて自由になりたいという気持ちもあります。

お墓を持たない方法としては、遺骨だけを納骨堂に収めるなども考えてみましたが、こちらも永代供養を依頼するとなるとそれなりに費用は必要です。その次に考えたのは海や山への散骨です。自然に戻ることができますし、遺族の費用の負担も少ないなどこうした埋葬方法は人気が高まっているようです。
とはいえ、海への散骨となると船を準備したり、何かと手間も掛かりそうです。

もともと海はそれほど好きではないこともあり、山への散骨かもしくは樹木葬にしようかとも考えています。樹木葬ならシンボルとなる木や花を残すことができますし、合同葬ならあまり費用も多く発生しません。いずれを選ぶにしても、後でトラブルにならないように家族や親族とは話し合いをきちんとしておかなくてはと思っています。

葬儀社が提供する散骨プラン

岡山県でお墓の文字彫りはお墓を守るという考え方が徐々に薄らいでいる現代において、散骨が新しい埋葬の形として注目されるようになってきているのは自然な流れかもしれません。手間と費用がかかってしまう墓地の管理や購入に抵抗を感じる人も少なくありませんし、自然回帰に魅力を感じる人たちもいます。散骨をする場合は、パウダー状にして土の中に埋葬するのではなく海に撒くというのは一般的です。海に撒けば拡散されてわからなくなります。土の中や海に骨が浮いていたということになれば大変です。ただ、散骨をするといっても、どのようにしたら良いのは分からないという人も多いことでしょう。その前段階においては葬儀や火葬などがあります。おすすめなのは、葬儀社に依頼することです。最近の葬儀社では、散骨のプランを用意しているケースが少なくありません。もちろん、その中には葬儀や火葬なども含まれています。予算に合わせて様々なプランがあるので、まずは見積もりを取ってみると良いでしょう。

通夜は会場で行うことが一番

葬儀を行う時に、必ず実施するのは通夜です。その通夜を、以前は自宅で行っていたということがあります。私の場合も、父親がなくなった時に自宅で行いました。その時は、それが当然と思うことがあったのです。当然なので、別にほかの方法があることを知らなかったと思うところもあります。

故人から通夜に関しては、自宅で行って欲しいと願いがある場合はすることがあるかもしれません。しかし現在は、だいたい会場で行うことが多いです。会場の場合は、まず広いということがありがたいです。広いので、気持ちをゆったりして行なうことができます。

また駐車場があるので、その点についても心配をすることがないのです。案外と駐車場を確保するのは大変だと思っています。特に田舎の場合は車を利用している人が多く、車で来られる人ばかりなんですね。その時に駐車場がない自宅の場合は、通夜に訪れる人も困り、その近所の人にも迷惑をかける事になるので、要注意です。

葬儀の返礼品について

葬儀に参加をした時に、その後に返礼品としてもらうことがあります。今までいろいろなものをもらうことができました。使えるものをいただけると、やっぱり嬉しいですね。

私が嬉しいと思ったのは、コーヒーです。コーヒーを一つづつ入れることができるものを頂き、それはとても嬉しいと思うことがありました。コーヒーが好きな私にとっては、ありがたいことなのです。葬儀の場面では、返礼品についてはそんなに意識をすることがありませんでした。しかしせっかく頂けるものなら、やっぱり使えるものが一番と思うようになっています。

しかしコーヒーの場合は、私が好きだからいいものの嫌いな人は困るのでしょうか。それだったら、一般的に誰も困ることがないお茶のほうがいいのかなと思ったりします。

また最近では、返礼品について自分で選ぶことができる冊子のようなものを後で郵送されてくることがありますね。それだと、本当に自分がほしいものを選べるので一番かもしれません。

葬儀・葬式の子供の服装は制服や地味な装い

子供の葬儀・葬式参列時の服装は、学校の制服を選べば問題はありません。大人のように喪服を用意する必要はなく、もし子供用に喪服を購入しても、成長期なので何度も買い替える羽目になります。大人にとってブラックフォーマルのスーツやワンピースが喪服であるように、葬儀・葬式の際子供は制服が適した服装です。制服のない学校もありますので、その場合はシンプルで地味な服でまとめます。男の子は白シャツにブレザーにズボン、女の子は無地のジャンパースカートやワンピースです。葬儀・葬式に明るい色はふさわしくないため、黒色をはじめ濃紺や、グレーなら明るさのないダークグレーを選びます。色的には黒でも、素材に光沢があるエナメルであったり、ラメやキラキラしたものは避けることです。光物を身につけないのは子供でも葬儀・葬式の時にはマナーなので、金具付きの靴や派手なアクセサリー類も使用はしません。普段素足の子供であっても、葬儀・葬式の時には、黒い靴下を履き黒い靴を用意することです。

葬儀の後のお清めの塩について

神道では死を穢れとして考えています。そのため、葬儀に参列をした際には塩を使ってお清めをします。日本は古来、神仏習合といって神道と仏教が一つの信仰体系とされていました。こういった背景があり、仏教の葬式でも塩で清める習慣が残っていると考えられます。
しかし、浄土真宗では死を穢れとして扱っていないので、葬式の後に塩でお清めをする必要はないという考えをとっています。
お清めのための塩は葬式の際に配られることがあります。また、葬儀場によっては入り口に塩が敷き詰められた一角が用意されており、会葬を終えた人がその塩を踏んで穢れを落として外に出られるようになっていることもあります。
配られた塩の使い方ですが、自宅の玄関をまたぐ前に胸、背中、足元の順で振りかけます。自分で振りかけてもよいですが、背中は振りかけにくいので家族に振りかけてもらってもよいでしょう。最後に手で払います。
お清めの塩は宗派によって考えが違うので必ずしも必要なものではありません。故人の思いに沿うように行いましょう。

故人を偲べる葬儀をする方法の決め方

大切な人を失うと精神的に苦痛になりますが、葬儀をして送り出せるようにしたいものです。人生は出会いもあれば別れもあるため故人に感謝の気持ちを伝え、代わりに余生を充実できるように誓うきっかけにすると気持ちを切り換えることができます。葬儀は自宅がマンションなどの集合住宅になると他の斎場を利用することになりますが、参列者に集まってもらえるように決めたいものです。業者を選ぶ時は悪徳な場合もあり、きちんと見抜けるようにして落ち着いて決める必要があります。

葬儀は同じ要望でも業者によってサービス内容や料金が異なり、事前に相場を確かめてから選ぶ必要があります。悪徳業者は精神的に参っている状況を突いてくるため、お付き合いがあることや大手などを選ぶことが大事です。葬儀は選び方を間違えると余分な出費が増えてしまうもので、冷静さを欠かないように落ち着いて決めないと台無しになります。業者を探す時は口コミなどで情報を確かめ、きちんと話し合ってから依頼することが重要です。

<PR>岡山県で墓石の墓じまい

六曜の中の仏滅の日の葬儀・葬式

普段の生活の中でも何かにつけて、日本人は六曜を意識することがあります。何かイベントごとなどを決める際にも、大安ならばラッキーと感じますが、仏滅だと別日に変更するなど、仏滅は何かと避けられがちです。イメージ的に不吉さを感じる仏滅ですが、葬儀・葬式を仏滅に行うことは、実は問題がありません。一見すると六曜と仏教は密接な関係性がありそうですが、かするどころか直接的に関係はないです。新道は日本土着の宗教ですし、キリスト教の発端はギリシャですが、いずれにしても六曜の考えを優先することはありません。葬儀・葬式を出す日程に関しては、宗教は関係なく仏滅でも問題なく行うことができます。六曜を基本に考えると、縁起の良さや悪さをつい意識してしまいますが、葬儀・葬式の日程に関しては気にしないで大丈夫です。遺族の中には六曜を気にしてしまう人がいるかもしれないため、その時には事情や価値観も考えて、六曜への配慮をすることもあります。

通常の形式とは違う葬儀・葬式について

葬儀と一口に言ってもさまざまなものがありますし、最近では少し特殊なスタイルのものも見られます。それは無宗教葬やお別れ会と呼ばれるものであり、従来の形式的なスタイルとは違うものになってくるのです。
まず「無宗教葬」というのは、特定の宗教形式をとらない葬儀スタイルであり、自由に企画して行われることから自由葬と呼ばれることもあります。具体的には、故人が好きだった曲の生演奏や、故人の趣味の展示などを行うといったケースがあります。この葬儀スタイルは、個性的な葬儀にしたいという方や、宗教形式に従うことに抵抗があるという方に選ばれていると言えるでしょう。
次に「お別れ会」とは、通常の葬儀や告別式とは別に設けられる、故人とのお別れをするための会といった趣旨の葬儀スタイルを指します。例えば、身内だけで家族葬をした後、それ以外の多くの方に故人とお別れをしてもらうために開催されるケースがあると言えます。このお別れ会は、通常の葬儀とは違って宗教色が薄く、比較的自由なスタイルで行われる場合も多いという特徴があると言えるでしょう。